スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六話 黒き聖餐②

6-18.jpg

リフテンに黒い影が一つ。
闇夜に紛れ目指すはリフテンの孤児院。

ひどい人間とはいえ、一般人に手をかけるには躊躇いがあった。
しかし、もしグレロットがこのままアレティノ少年をはじめとした子供たちに恨まれ続ければ
いずれ本当の闇の一党か、もしくは殺意が堪え切れず、自ら事を成そうとする子供が出てきてしまうかもしれない。
年端もいかない子供たちの手を血で染めるわけにはいかない・・・。
そんな複雑な思いで孤児院に忍び込んだのが・・・・

6-19.jpg

相変わらずの鬼畜っぷり。
こんな人間が「親切者」の仮面を被り、周りを欺けるだから恐ろしい。

6-20.jpg


6-21.jpg

迷いはある。
が、これを知ってしまった以上、放っておくわけにもいかない。
寝静まるのをまって、意を決して彼女の部屋に忍び込んだ。

6-22.jpg

これが子供たちにとっての悪夢の終わりとなればいいのだが・・・。
シスは懐から取り出したナイフを眠っているグレロットの心臓めがけて振り下ろした。

6-23.jpg

夜の静寂を破り、断末魔がこだまする。
子供たちは飛び起き、声のした方、院長室に駆けつけた。

6-24.jpg

さっきまで怒鳴り散らしていた老女が、もうピクリとも動かない。
憎い相手が、死んだことを喜ぶ気持ちと人が一人唐突に命を奪われたという事実とあいまあって、子供たちはそれぞれ複雑な表情を浮かべていた。

6-25.jpg





6-26.jpg

事が終わったあとすぐさまリフテンを後にした。
そして、一路ウィンドヘルムのアレティノ少年のもとへと向かった。

6-27.jpg

人の死に大喜びする子供。
これで本当によかったのだろうか・・・?
そんな気持ちがふとよぎった。


6-28.jpg

人を呪わば穴二つ。
因果応報巡りに巡っていずれ自分にかえってくる。
もうアレティノも元の道には戻れないのかもしれない。
それでも彼が真っ当な道を進んでくれることを願わずにはいられない。

アレティノと別れを告げたシスは、近くの酒場にはいり物思いにふけっていた。

6-29.jpg

悩んでも結果はもう変わらない。
自分の行動の結末ぐらいはちゃんと見届けないとな。

<リフテン>

6-30.jpg

扉を開くと、迎えてくれたのはコンスタンスだった。
グレロットが死に彼女が院長職を引き継いだのだそうだ。

6-31.jpg

元々コンスタンスはグレロットと違って臆病だが善良な人間だ。
うまく孤児院を運営していってくれるだろう。

シス「ところでコンスタンス。折り入ってお願いがあるのだが・・・。」
リフテンへ向かう道中考えていたことをコンスタンスに打ち明けた。

6-32.jpg


6-33.jpg

マラカは薄々気がついているようだが、口にはしなかった。
彼を迎えに来たことを告げると、彼は最初きょとんとした顔をしていた。
が、意味を理解するとすぐに笑顔に変わった。

6-34.jpg

マラカ「パパって呼んでいいよね!?こんなに嬉しいこと初めてだよ!」
シス「パパ・・・なんか急に年をとったような気がするな・・・出来れば呼び捨てで構わないからシスと呼んでくれ。」
マラカ「え~パパがいいんだけどな。今までママはいたけど、パパはいなかったし。ケースバイケースでどっちかで呼ぶね!」

コンスタンスに手続きは任せて先に彼を迎える準備のため自宅に戻ることにした。

6-35.jpg

彼のあの笑顔に何か救われた気がする。
罪は消えるわけではないのだけれど・・。

6-36.jpg

配達人から手紙を受取った。
差出人不明。
不審に思いながらも、その手紙を開いてみた。
そこには1行の文章とあの組織のシンボルが描かれていた。

6-37.jpg

シス「本物のお出ましか・・・」



~~~~~~

おこんばんわん、いおです。

というわけでネコのために院長交代して頂きました。
このクエ、子供が大喜びしたりなんやかんやで結構微妙な気分になるクエだったので
一部流れは実際とかえておりますw

初めてやったときにグレロット倒したら、子供が集まって大喜びしはじめて結構不気味な感じがしたのが印象的でした。

あんまり闇の一党に関わるつもりはないのですが、ま、どうなることやら。。w
とりあえず、ラシードが消えてしまったので、そろそろ新たなフォロワー作ろうかな~
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- kaorin114 - 2012年11月22日 00:28:15

こんばんわ♪

必殺仕事人的なシス君もカッコいいですね!
グレロッドはもう日頃の行いが・・・としかw
シス君のパパっぷり&新フォロワーの登場楽しみにしてます(`・ω・´)ゝ

闇の一党は初見でしたらかなり、ホラーかもしれません・・・(゚Д゚;)

Re: タイトルなし - いお - 2012年11月22日 22:03:57

こんばんわ~

今回はシリアス風味でいってみましたw
さらっと飛ばしてもよかったんですが、たまにはこんなのもありかなとw
子供が家にいると帰ってきたときがなんかほっとするというか嬉しくなるプチ反応があるのが地味に嬉しいですw

その団欒中に山賊が押し入ってきたりもしますがw
あとは執事とかも決めたいところですb

トラックバック

URL :

プロフィール

いお

Author:いお
Skyrimがリリースされてはや1年とちょっと。
Mod開発もまだまだ活気もあり、まだまだ楽しめそうです!!

といいつつ、他のゲームにもちょいちょい浮気してますが(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。